ブラック大家との戦いはこれからも続くのです──事故物件を見抜く方法5つのポイント

社会

2016/5/2

『大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました』(菅野久美子/彩図社)  この春、引越しも終えて心機一転、新生活をエンジョイ中の人も多いだろう。しかしちょっと待ってほしい。あなたのその物件、「ワケあり」じゃないと言い切れますか…? 読み終えると、ふと自分の住む物件のことが気になり始めてしまう本、それが『大島てるが案... 続きを読む