精神科・名越医師が語る震災後の「祈り」とは

社会

2011/9/5

いまの日本で私たちがすべきことは何なのか、多くの人が真剣に考え続けている。 震災後、誰かのために何かのために祈りを捧げる人もいるのではないだろうか。    そんな中、テレビや雑誌など数多くのメディアで活躍する精神科医・名越康文さんは、本誌特集(「東日本大震災 無力感を祈りに変えて」鼎談:内田樹×名越康文×橋口いくよ)... 続きを読む