「神楽坂」の会員制・昼酒バーに現れる素人探偵とは?

文芸・カルチャー

2011/9/5

「インディゴの夜」シリーズでクラブ系の男の子たちがはべる、おかしな渋谷のホストクラブを描いた加藤実秋さんの新作小説『黄金坂ハーフウェイズ』(角川書店)が登場。    東京の人気スポット・神楽坂をモデルに描いた本作は、これまでの“加藤・ご当地ミステリー”とはひと味違う連作ストーリーだ。    「この不思議な雰囲気の町を... 続きを読む