被害者・加害者それぞれの父親の苦しみとは?【佐世保小6同級生殺害事件の真実】

社会

2016/5/11

『謝るなら、いつでもおいで』(川名壮志/集英社)  私はずっと、事件を追うマスコミの姿に否定的な感情を持っていた。大切な家族を失った遺族に対して「今のお気持ちはどうですか」なんてマイクを突きつける神経は一体どんなものなのだろう。被害者が出た事件の関係者への取材とは本当に必要なものなのだろうか。“知る”ということは大切... 続きを読む