奥田英朗が描く“うやむやの優しさ”とは?

文芸・カルチャー

2011/9/5

大きな事件も何もない、“普通の家族の日常”が、どれだけ豊かでかけがえのないものなのか――。       くすりと笑えるユーモアの中に、そっとそれを教えてくれるのが、直木賞作家・奥田英朗さんの最新刊『我が家の問題』(集英社)。平凡な家族の日常を描いたロングセラー『家日和』の第2弾だ。     「基本的に僕は、市井(しせ... 続きを読む