救いも明るい未来も描かない作家、深町秋生の話題の警察小説とは?

文芸・カルチャー

2011/9/5

 作家・深町秋生のデビュー作で第3回 『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した『果てしなき乾き』(宝島社)は、賛否両論が噴出する大きな話題作となった。というのも、彼が執拗に描く残酷な世界には救いや明るい未来は簡単には訪れないからだ。 ヒーローであるはずの元刑事の主人公は、クスリに手を出し、レイプにも及ぶ。守られる存... 続きを読む