機関車の汽笛がウォホポーッ! エロのメタファーが今読んでも面白い、宇能鴻一郎の官能小説

文芸・カルチャー

2016/7/6

『むちむちぷりん(徳間文庫)』 (宇能鴻一郎/徳間書店) 手の甲にキスなんかされたの、生まれてはじめてなんです。 映画では、よく、見るけれども。 ゾクッ、としちゃった。しびれが、手の甲から、お乳の先に、走るみたいな気持。 それも、唇をくっつけられるときより、離されたあとの方が、感じたんです。  冒頭から「何を言ってい... 続きを読む