貴志祐介「密室トリック」の本流に挑む!

文芸・カルチャー

2011/9/5

 貴志祐介の新刊『鍵のかかった部屋』(角川書店)は、題名が示すとおり、全4編が密室ものという期待を裏切らない内容だ。    弁護士・青砥純子と防犯コンサルタント・榎本径が活躍する密室ミステリー第3弾となる今回は直球勝負。施錠された家屋、密閉された部屋といった、密室トリックの本流に挑む内容のものが多いのが特徴だ。   ... 続きを読む