飼い主を最期の時まで信じながら、ガス室で死んでいく犬たちの現実

社会

2016/7/8

『犬たちをおくる日——この命、灰になるために生まれてきたんじゃない』(今西乃子/金の星社)  本書を読みながら、何度も泣いた。涙ぐむのではなく、子どものように涙を流した。人を疑うことを知らない犬たちのまっすぐな瞳と、それをおもちゃのように扱い、ゴミのように捨てていく感情の壊れた人間たちのコントラストが凄まじく、激しく... 続きを読む