宮部みゆきのライフワーク!「三島屋」シリーズ最新作が文庫化

文芸・カルチャー

2016/7/7

『泣き童子 三島屋変調百物語参之続』(角川文庫刊)  「百物語」をご存じだろうか。  集まった人々が順番に怪談を語り、語り終えるごとに蝋燭の火を消してゆく。百話目が語られ、ついに百本目の蝋燭が消された時に、怪異が訪れる……という日本古来の作法である。  このスタイルを物語に大胆に取り入れ、世の怪談ファンをあっと驚かせ... 続きを読む