自分磨きをしても恋が実らない…“ぽっちゃり女子”のリアルな変身ストーリー!涙なしには読めない、いくえみ綾の『カズン』

マンガ・アニメ

2016/7/9

1巻
2巻
3巻

 恋をすると、女性は綺麗になりたいと思う。ダイエットをして、流行のファッションとメイクを研究して、綺麗になって、自信を持って告白!…するも、「ごめん。そういうんじゃないんだ」…ガーン。努力の日々は一体、なんだったの? やっぱりわたしなんかじゃダメなの…?

 そんな経験のある女性なら、涙なしには読めない恋愛漫画『カズン』(いくえみ 綾/祥伝社)。主人公のぼんちゃんは“ぽっちゃり”女子。見た目にも無頓着で、小学校以来、まともに男子と話したことのない、うぶな18歳・フリーター。そんなぼんちゃんが、スマートでオトナな男性・茄子川さんに恋をしたことで、変わろうと決意する。美容院へ行き、メイクを覚え、ダイエットに励む。何をやっても後ろ向きな性格を変えようとする。

自信のない自分 あきらめる自分 人を羨む自分 羨む気持ちすらない自分 進まない自分 ぜんぶ捨てて 「変われる 変われる」 暗示をかける それくらいなら できる

 しかし、ぼんちゃんの真っ直ぐな気持ちに、茄子川さんは応えてあげられなかった。なんでなんだろう。なんでこんなにがんばったぼんちゃんを、好きになってあげないんだろう。もどかしさで胸が締め付けられる。

 そんなとき、ぼんちゃんを応援していたバイト先の男性・シロに…キスされる。感情がぐしゃぐしゃになったぼんちゃんは、ずっと我慢していたご飯をひたすら食べはじめてしまう。バイトにも行かなくなり、家に引きこもって食べ続ける。シロからの連絡も無視してしまう。そんなぼんちゃんに、見かねた妹は思いの丈をぶつける。

どこも出ないで どんどんむくんでブスになって 隠れて食べてんのなんか みんな知ってるよ お父さんもお母さんも! 心配して携帯くらい見るのが何が悪い!シロさんはあそこで3時間半 姉ちゃんを待ってたんだ 何が悪い!?

 その言葉にハッとしたぼんちゃんは、シロを追いかけ……そしてシロから、思わぬ“告白”を受ける。シロの思いを知ったぼんちゃんは、心が満たされるのを感じた。

お腹に やさしいものが 少し たまった……

 ご飯よりも大事なもの。それは、“愛情”なのだろう。心が満たされたぼんちゃんは、再びダイエットをはじめる。すぐに上手くいくわけではない。しかし、いままでとは違う。たくさんの痛みと、たくさんの愛情を味わったぼんちゃんは、体型や見た目を超えたものを手に入れたのだ。きっと、がんばれる。

 片想いをしている人、ダイエットをしている人、何かにつらくて仕方ない人。自分を変えたいすべての人に読んでほしい作品だ。

文=尾崎ムギ子