歴史から裏方インタビューまで! プロレスを味わいつくすイラストつきの『プロレス語辞典』

スポーツ

2016/7/14

    img01

 プロレスにまつわる言葉を、イラストと豆知識で元気に読み解く『プロレス語辞典』が2016年7月7日(木)に発売された。

 同書では、新旧の人気選手のエピソードから必殺技、歴史に残る名勝負から名言の数々まで、プロレス通が思わずニヤリとする用語、約650語をイラストとともに辞典形式で紹介している。

    img02
    img03

 マンガでわかるプロレスの歴史、プロレス年間カレンダー、プロレス団体一覧などのプロレスの基礎知識を押さえつつ、ザ・グレート・カブキ、矢野通選手らレスラーのお店紹介から、リングアナやレフェリー、マスク職人やリングドクター、音楽プロデューサーらの裏方インタビューまで、ディープなファンを唸らせるマニアックな記事も掲載。とじ込み付録にはマスクの作り方までついてくる。

    img04
    img05

 昭和のプロレスにどっぷりはまった世代から、最近プロレスファンになった人まで、老若男女、あらゆるプロレスファンに向けた入魂の一冊だ。

■『プロレス語辞典
著:榎本タイキ
監修:高木三四郎
価格:1,400円(+税)
発売日:2016年7月7日(木)
出版社:誠文堂新光社

榎本タイキ
グラフィックデザイナー、イラストレーター。2007年TISイラストレーション公募入選(プロレスをテーマにしたイラスト)。小学生の時、金曜夜8時のTVのゴールデンタイムに観たタイガーマスクに衝撃を受け、プロレスにのめり込む。現在はほぼ毎週プロレスを観戦しており、フェイスブックに「プロレスリング・イラストレーション」を立ち上げ、観戦記を記している。

高木三四郎
株式会社DDTプロレスリング代表取締役社長。株式会社GENスポーツエンターテインメント最高経営責任者。WRESTLE-1最高経営責任者。著書に『俺たち文化系プロレスDDT』『プロレス入門』(武藤敬司と共著)など。

※掲載内容は変更になる場合があります。