「すごく痛くして、ぐちゃぐちゃに食べてやる」。異種族間の究極恋愛を描くファンタジーセンシティブコミック

アニメ・マンガ

2016/7/19

『飴菓子』(群青/講談社)  愛する人を食べなければ、自分が死んでしまうとしたら。それは決断のむずかしい、苦悩の状況だ。そんな悲劇の選択を迫られる物語がある。『飴菓子』(群青/講談社)だ。  タイトルのかわいさにだまされてはいけない。本作は「食うか、死ぬか」。究極の二択を突きつけられる主人公が、生きることを選び、葛藤... 続きを読む