「成果を上げれば給料が上がる」は幻想? 誰も教えてくれなかった「自分の給料をいまより上げる方法」

ビジネス

2016/7/27

    img01

 「がんばって成果を上げれば給料が上がる」は幻想だった。これまで誰も教えてくれなかった「給料のルール」をスッキリ解明してくれるビジネス本『自分の給料をいまより上げる方法』が、2016年7月16日(土)に発売された。

 あなたの給料はこれから18年、ずっと下がり続けると言われたらどう思うだろうか。会社であなたという戦力の価値を上げ給料を増やしていくためには、「何となくの知識」ではうまくいくはずがないのだ。下記のうちひとつでも当てはまったら、「給料が上がらない人」の思考法に陥っているかも?

・「社員食堂が安い!」と喜ぶ
・「家族を大切にする会社です」という言葉にグッとくる
・「年功序列は悪!」と考える
・「技術革新が進めば生産性が上がり、給料も上がる」と期待している
・「チャンスはいつまでもある」と思っている
・ 就業規則に興味がない
・「会社の経費で落ちるか」をいつも気にしている
・「人は見かけが9割」を理解していない

 「とくダネ!」コメンテーターなどでおなじみ、話題の経済ジャーナリストで累計130万部のベストセラー作家、木暮太一が「なぜ、がんばっているのに、成果を出しているのに、給料が上がらないんだ!」と嘆くあなたに、自分の価値を上げ、この社会で収入を増やしていくための方法を提言する。

■『自分の給料をいまより上げる方法
著:木暮太一
価格:1,188円(税込)
発売日:2016年7月16日(土)
出版社:アスコム

※掲載内容は変更になる場合があります。