愛する我が子を殺したのは私ですか―? けっして他人事ではない、どこにでもある家族の光と闇

文芸・カルチャー

2016/9/3

『明日の食卓』(椰月美智子/KADOKAWA)  「息子を殺したのは私ですか?」。“子育て”をテーマに圧倒的なリアリティで描かれた、椰月美椰月(やづき)美智子の最新作『明日の食卓』が2016年8月31日(水)に発売された。  これは試練なのだと思う。乗り越えてこそ、本当の家族になっていくのだ――。それぞれ静岡、神奈川... 続きを読む