発売後すぐに重版決定! “医療現場のリアル”を、皮肉とブラックユーモアで不気味に抉る『嗤う名医』が話題!

文芸・カルチャー

2016/9/6

『嗤う名医』(久坂部 羊/集英社)  麻痺して回復が見込めない手足を巡る鮮烈なデビュー作『廃用身』(幻冬舎文庫)に始まり、日本医療小説大賞を受賞した『悪医』(朝日新聞出版)、ドラマ化された『破裂』『無痛』(ともに幻冬舎文庫)など、久坂部羊といえば、現場のリアルを鋭く抉るシリアスな社会派医療サスペンスの書き手という印象... 続きを読む