佐藤愛子がヤケクソで書き上げたエッセイ集には90年間生きた人だけが得られる「人生」がつまっていた!

文芸・カルチャー

2016/9/20

『九十歳。何がめでたい』(佐藤愛子/小学館)  元気に長生きすることは、ヒトとして憧れる。しかし、それは長生きを夢見ている若者(60歳くらいまで)だけであって、長生きしている当の本人は、あまり良いように思ってないのかもしれない。『九十歳。何がめでたい』(佐藤愛子/小学館)の著者である佐藤愛子氏は90歳を超える長生きを... 続きを読む