七万人の命と百六十四人の命は平等か? 全世界で論争を巻き起こしている問題作『テロ』

社会

2016/9/28

『テロ』(フェルディナント・フォン・シーラッハ:著、酒寄進一:訳/東京創元社)  良心と法―。人間が社会生活を営むときに、尊重されるべき二つの概念は互いが互いを支え合っていると信じられている。良心があるから法は守られ、法は良心を守っていると多くの人々は疑っていないだろう。しかし、仮に片方を守ることがもう片方を切り捨て... 続きを読む