アニメ『南鎌倉高校女子自転車部』に期待の声「これは聖地巡礼がはかどりそうなアニメだぞ!」

アニメ・マンガ

2016/10/31

 『弱虫ペダル』『ろんぐらいだぁす!』のアニメ化など、今注目を集める“自転車”漫画。2017年1月からは松本規之による自転車部活漫画『南鎌倉高校女子自転車部』が新たにアニメ化されることが決定した。この知らせにファンたちは「これはずっとアニメ化してほしかった作品!」「自転車と青春と女子高生! 最高の組み合わせじゃないですか!」と期待に胸を膨らませている。

 主人公は長崎から、古都・鎌倉に引っ越してきた女子高生・舞春ひろみ。坂の多い長崎では運動音痴なひろみは自転車に乗れなかったため、鎌倉では自転車に乗ることができる、と心踊らせていた。そんな少女が鎌倉で初めて出会った秋月巴や、ロードバイクにあこがれを持つ少女・比嘉夏海らと共にひろみは自転車部を設立し、自転車に打ち込む青春の日々を描いた作品だ。

 ひろみたちが鎌倉の史跡や名所を巡る様子を見ながら、自転車のすばらしさや爽快感を感じることができるのが同作の魅力の一つ。アニメ公式サイトのトップページでもひろみたちと桜の舞う中にある江ノ島電鉄・極楽寺駅が描かれており、「これは聖地巡礼がはかどりそうなアニメだぞ!」「南鎌倉高校女子自転車部はほんと鎌倉に行きたくなる」「アニメで出たとこ全部自転車で行く! もう決めた!」とファンは大興奮。

 注目のキャストには、主人公のひろみ役に上田麗奈を起用。上田はアニメ「ばくおん!!」ではバイクを運転していたため、「麗奈ちゃんバイクから自転車に乗り換えたんだな!」「次もいい走りっぷりをよろしく頼むぞ!」という声が。また、秋月巴役にアニメ「おそ松さん」の主題歌を担当したことで知られるガールズユニット・A応Pの広瀬ゆうき、そして巴の妹・秋月結花役に同じくA応Pの福緒唯がキャスティングされている。

 鎌倉の美しい景色と少女たちの青春効果で、思わず自転車で出かけたくなってしまいそうなアニメ「南鎌倉高校女子自転車部」。まずはストレッチでも始めながら放送を楽しみにしよう。

アニメ「南鎌倉高校女子自転車部」
原作:松本規之
監督:工藤進
シリーズ構成:砂山蔵澄
キャラクターデザイン・総作画監督:大木良一
出演:上田麗奈、広瀬ゆうき、藤原夏海、福緒唯 ほか
⇒アニメ「南鎌倉高校女子自転車部」公式サイト