初のソロ写真集で水着撮影にも挑戦! エビ中・星名美怜「決断までは2ヶ月くらいかかりました」【インタビュー前編】

エンタメ

2016/11/2

 アイドルグループ・私立恵比寿中学(以下、エビ中)の出席番号7番・星名美怜。キャッチフレーズは「360度どこから見てもアイドル」で、グループでの活動では、持ち前のキラキラした明るさを活かした仕草や振る舞いによりステージを盛り上げる。

    img01
    (C)細居幸次郎/週刊ヤングジャンプ

 そんな彼女が、19歳の誕生日を迎える11月2日に初めてのソロ写真集となる『星名美怜1st写真集「MIREITOPIA」』(集英社)を出版。念願だったというハワイでのロケを実現し、さらに、ももいろクローバーZやチームしゃちほこなどを擁するスターダストプロモーションのアイドルとして、初めての水着撮影にも挑んだという意欲作だ。

 そして、写真集の発売を記念して本人へのインタビューを敢行。写真集発売までの経緯、撮影当時のエピソード、グループを離れての活動で感じた思いなどを伺った。

水着撮影は“初めて”のプレッシャーから決断には2ヶ月ほど悩んだ

――10月24日のブログで写真集の完成版を初めて見たとありましたが、改めて、一冊の本となったものを手に取った感想はいかがでしたか?

星名:思い描いていた以上の仕上がりでした。お話を頂いた当初、カラフルでポップ、ページごとに元気がみなぎるような作りにしたいと希望していたんです。実際、ページごとの色合いもカラフルになったし、ハワイならではの景色もあいまって、より色鮮やかになりました。

エビ中へ加入してから「自分自身で何かを形に残したい」と思っていたので、まとまった一冊になってうれしかったし感動的でした。

――ずばり、完成度は何%でしょうか?

星名:自信を持って100%って言えます!

――心強いお返事、ありがとうございます。今回、発売日と誕生日が重なっているのは事前に決まっていたんですか?

星名:それが、たまたまだったんです。偶然が重なった感じでこれほどうれしい誕生日プレゼントはないですし、19歳の誕生日は一生忘れられません!

――めったにない千載一遇のチャンスですよね。タイトルにご自身の名前が含まれていますが、これは提案されたものなんですか?

星名:ソロ写真集なので「自分の名前を入れたい」と希望していました。ダメになったものだと『星名の旅』みたいなのもあったかな(笑)。他の方のフォトブックを手に取るときは、名前が入っていると「この人の本なら見よう」と思うので同じにしたかったんですね。

 また、これからも写真集を出せればといいなと願うので、ロケ地だったハワイにこだわらない言葉を選んでみて、名前の“美怜”と“ユートピア”を合わせた「MIREITOPIA」になりました。

    img01
    (C)細居幸次郎/週刊ヤングジャンプ

――ご自身の記念でもあり、みなさんに手に取ってほしいという願いも込められているんですね。完成した写真集は、メンバーのみなさんもご覧になったんですか?

星名:写真集が届いたときは、ちょうどメンバーと一緒だったんですよ。初めは1人でじっくり見ていたんですけど、そのうち「見ていい?」とみんな寄ってきました。ああだこうだと言われつつ、メンバーとワイワイしながら見ていたらいつのまにか鑑賞会みたいになってました(笑)。

――エビ中ならではのわちゃわちゃ感も伝わってきますね。メンバーのみなさんからの反応で、何か印象的だったものはありますか?

星名:いちばん初めにある水着のカットでは、みんな「ワーッ!」と叫んでました(笑)。他にも、シャツを着たカットの評判が良くて、みんなが「これいいね」と言ってくれて。あと、その反応を見て手に取っていただきたい方々への思いにも気が付いたんです。写真集から元気になれるようなパワーを感じてもらいたいし、メンバーのように笑顔になってほしいなって。

――第三者への思いに、わずかながらもふれた瞬間だったんですね。メンバーのみなさんも驚いた水着での撮影は、振り返ってみていかがでしたか?

星名:水着ってふだんの生活で着る機会がなかったんです。じつは小学校以来泳いだ記憶がなくて、唯一用意したのは高校の修学旅行。沖縄へ行くので先生から「海に入るので水着を持ってきてください」と言われて、仕方なく持っていっただけなんです。だから、水着姿を見せるなんて「どうしよう」と不安でいっぱいでした。

    img01
    (C)細居幸次郎/週刊ヤングジャンプ

――今回、スターダストのアイドルとしても、初めての水着でのグラビア撮影だったんですよね。決断までもけっこう悩まれたんじゃないですか?

星名:写真集のお話を頂いたとき、エビ中の校長(マネージャー・藤井ユーイチさん)から「水着での撮影も考えてるけど悩んでいいから」と言われたんです。決断までは2ヶ月くらいかかったかな。返事をしなきゃいけない期限ギリギリまで「どうしようかな」と答えを出せずにいました。

――ご自身の中でとまどっていた具体的な理由や、最終的に決断へ至った理由ってどういったものでしたか?

星名:水着に慣れていなかったし、スターダストのアイドルとして誰もやっていなかったのも理由だったんですよね。前例がないので、ファンのみなさんもどう思うかも気になっていました。でも、自分では思い付かないチャンスに巡り合うのはめったにないし、撮影当時の“18歳の自分”を形に残せるのは一度きりかなって。だから、家族ともたくさん話し合って、挑戦したいと思い決断しました。

 自身の名前を刻み、悩みに悩んだ末にようやく形となった一冊。インタビュー後編では、撮影当時のエピソードやグループを離れての活動で味わった思いなどへ迫る。

◎写真集発売記念イベント
11月10日(木) 18時半~
会場:福家書店・新宿サブナード店
⇒詳しくはこちらへ

◎私立恵比寿中学・ベストアルバム2枚同時発売
発売日:11月16日(水)
『「中卒」~エビ中のイケイケベスト~』
メジャーデビュー曲「仮契約のシンデレラ」など代表曲を新録して全14曲を収録。
『「中辛」~エビ中のワクワクベスト』
ライブの人気曲「フレ!フレ!サイリウム」や新曲「サドンデス」など全14曲を収録。
『「中卒」「中辛」~エビ中のコンプリートベスト』
「中卒」「中辛」はもちろん、全81曲のミックス盤や吉田豪氏によるインタビューを掲載したブックレット付きの豪華仕様。
⇒詳しくはこちらへ

取材・文=カネコシュウヘイ