『銀魂』初の展覧会開催にファン大興奮!「この日をいったい何年待ったことか!」

アニメ・マンガ

2016/11/4

    img01
    img02
    (C)空知英秋/集英社

 大人気コミック『銀魂』の初めての展覧会「連載完結寸前 大銀魂展 ~ツケが回る前にケツを拭け~」が、2016年12月23日(金・祝)から2017年1月9日(月・祝)にかけて開催されることが決定した。初めての展覧会に「絶対に!! 絶対に行きます!!」「この日をいったい何年待ったことか!」「空知先生の超絶カッコいい原画を隅々まで舐めるように見れる最後の機会…!」とファンは大興奮のようだ。

 同展では180点以上の厳選された原画を展示するほか、映像や造形物を駆使して、笑いあり涙ありの『銀魂』ワールドを体感できる展覧会となっている。また、公式ホームページで投票された、読者の“No.1エピソード”の中で上位となったエピソードが、1話丸ごと原画で展示される日替わりの展示コーナーも設置。「お願いだからミツバ編に入れてくれ!!」「皆さま、ここは紅桜編でお願いします!」「ここは実写化の波に乗って小栗旬之助が出る九兵衛の誕生日回で!」と自分のお気に入りエピソードのために組織票の獲得に乗り出すファンも続出中。

 2016年10月31日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』48号では、この展覧会のために作者・空知英秋が描き下ろしたメインビジュアルも公開された。巻末コメントでの同展に向けた空知の「恐らく漫画銀魂の最後の祭りです」というコメントには、ファンから「今回も最後最後詐欺であってくれよ」「最後に… ケツを私たちも一緒に拭きますね…」「うわぁああ… 初めての展覧会が完結寸前記念… 嬉しいけど…」と悲しみの声も。

 2016年11月5日(土)からは、作中に登場するゴリラ原作者・空知が着用している「俺Tシャツ&俺ハンガー付き前売り券」や「パトリオット付きキーホルダー付き前売り券」も発売予定。様々な話題を振りまきながらも多くのファンに愛されてきた『銀魂』。そのケツを最後にみんなで拭こうではないか!

    img03
    (C)空知英秋/集英社
    img04
    (C)空知英秋/集英社
    img05
    (C)空知英秋/集英社

「連載完結寸前 大銀魂展 ~ツケが回る前にケツを拭け~」
開催期間:2016年12月23日(金・祝)~2017年1月9日(月・祝)
入場時間:10:00~19:30(20:00閉場)会期中無休
会場:東京 秋葉原UDX2F アキバ・スクエア(千代田区外神田4-14-1)
入場料:一般・大学生1,500円(1,400円)、中学生・高校生1,000円(900円)、小学生500円(400円)
※カッコ内は前売料金。※料金は税込。※未就学児無料。
主催:集英社、テレビ東京、バンダイナムコピクチャーズ
協賛:バンダイ、バンダイナムコエンターテインメント、バンプレスト、ナムコ、メガハウス、ローソンチケット
※開催内容は予告なく変更になる場合有り
⇒「連載完結寸前 大銀魂展 ~ツケが回る前にケツを拭け~」公式サイト