「久保先生wwwこれは完全なドラクエ脳www」 『BLEACH』久保帯人がTwitter再開、ツイートが話題に!涅マユリのコスプレ、変わったプレイスタイル…

アニメ・マンガ

2016/11/6

 『BLEACH』で知られる漫画家・久保帯人が2016年10月31日(月)、約1年ぶりにTwitterを再開し、近況を漫画で報告した。その漫画で大人気ゲーム「ドラゴンクエストX」(以下、「ドラクエX」)に熱中している様子が描かれ、ファンからは「ハマりまくりじゃないっすかwww」との声が上がっている。

 Twitterを再開した久保は、11月1日(火)に最近の自身の様子を紹介。ドラクエをやったり、マッサージを受けたり、いろはすのレモン炭酸を売ってる自販機を探したり、そしてまたドラクエをやったりしているらしい。3ページ分がアップされたこの漫画だが、2ページ目は「ドラクエX」をやっていない人には全くわからない表現だらけ。ファンからは「久保先生wwwこれは完全なドラクエ脳www」「ある意味、久保先生の最近の様子が手に取るようにわかるな」との声が。

 ちなみに久保は5体のキャラクターを使っているようで、5体全てのプレイヤーを別々の人間として設定し、それぞれの年齢・性格・対人関係・さらには“何を求めて「ドラクエ」をプレイしているか”までを設定し、それに沿った行動をとるというプレイスタイルでゲームを楽しんでいるよう。「大ヒット漫画家って変わってる」「そんなプレイスタイル初めて聞いたわ」とその変わったプレイ方法にも注目が集まったようだ。


 その後のTwitterでは、『BLEACH』に登場する涅マユリのコスプレ写真も何枚も更新し、「何やってるの久保先生www」とファンを楽しませてくれている。久保ファンだけでなく、ドラクエファンからも久保のTwitterに注目が集まりそうだ。
⇒「久保帯人」公式Twitter