「もしも」の時に備えておきたい! ラジオ、サイレンからスマホ充電まで…1台7役「防災レスキューそなえ君 SUPER」

暮らし

2016/11/9

 「もしも」の時に備えておきたいダイナモ式LEDライト『1台7役 蓄電できる 防災レスキューそなえ君 SUPER』が2016年11月2日(水)に発売された。

 東日本大震災の4カ月後の2011年7月に、災害時に重要な「情報の確保」「電源の確保」ができる7つの機能がついた手回し式の充電LEDライト『1台7役手回し充電ライト 携帯レスキュー そなえ君』が誕生。その後継品として、従来の機能に加えて暗闇でも視認できる蓄光素材への変更や、ライトの明るさアップ、最新のスマートフォンに対応した充電機能など、パワーアップした商品が『1台7役 蓄電できる 防災レスキューそなえ君 SUPER』だ。

 4月の熊本地震、10月の鳥取中部地震と、今年に入り大型地震に見舞われている日本列島は、今後も首都直下型地震や南海トラフ地震といった未曾有の大地震がいつ起きてもおかしくない状況。そんな中で、「災害時の情報確保」「長期的な安全の確保」のために、ひとり1台備えて欲しいと同商品が企画された。

■1台7役の便利機能
1. USB蓄電
USB充電用ケーブルでパソコンに接続して充電。

2. 手回し充電
1分間に120回(2回/秒)の速さで手回し充電ハンドルを回して充電。3分間程度回すと最低限の充電が出来る。

    img02

3. 白色LED3連ライト
停電のときに部屋を明るく照らしたり、夜間の移動中に足元を照らす時には10,000mcd~120,000mcdの明るいライトが役に立つ。従来品の25%アップの明るさに。寿命約1万時間。

    img03

4. サイレン
エレベーターに閉じ込められたとき、声を出したくても出せないときなど、遠くの人に存在を知らせるサイレン。サイレン用ボタンを押すとライトも点滅する。

5. 携帯電話充電
「iPhone5」「iPhone6」「iPhone7」「Android」「FOMA/3G」に対応。各機種に対応したコネクタとUSBケーブルを使用することで充電が可能だ。

    img04

6. AMラジオ(周波数:522~1,656kHz)

7. FMワイドバンドラジオ(周波数:76.0~108MHz)
AMボタンは「左」、FMボタンは「右」に配置。選局と音量もそれぞれ大きくしたいときは右側のボタン、小さくしたいときは左側のボタンというように、暗闇でも感覚的に操作できるようになっている。イヤホンジャックつき。

    img05
    正面
    img06
    背面
    img07
    側面
    img08
    蓄光

【本体】(約)幅52mm×奥行き125mm×高さ42mm
【重量】120g
【材質】ライト部透明カバー(PS樹脂)/ボタン部(シリコン樹脂)/その他の部位(ABS樹脂)
【内蔵】リチウムイオンポリマー電池 500mAh 1,850Wh 3.7V
【付属品】1.USBケーブル 2.iPhone5/6/7用プラグ(Lightning対応機種・機器に対応) 3.スマートフォン各種用プラグ(micro-USB対応機種・機器に対応) 4.FOMA/3G用プラグ(docomoFOMAやSoftbankの3G全機種に対応)
【蓄光】室内自然光での蓄光時間が2時間で、6時間程度の発光。白色電球2時間で、9時間程度の発光。
【手回し充電】
3分間の手回し充電の目安(1分間に約120回転)
LEDライト:15分程度
ラジオ:7分程度
サイレン:3分程度
携帯電話:通話は1~3分程度、待機15分程度

・フル充電した本体から充電した場合の目安
本体への充電は、PC等のUSBより可能。2~3時間でフル充電。
LEDライト:8時間程度
ラジオ:3時間程度
サイレン:2時間程度
携帯電話:充電率の約10~20%上昇を見込める。

※掲載内容は変更になる場合があります。