「週刊少年マガジン」51号の超過激な『ドメスティックな彼女』袋とじにファン大興奮!「おいこら、どこまで行くんだマガジン!(大歓喜)」

アニメ・マンガ

2016/11/17

    img01
    「週刊少年マガジン」51号(講談社)

 2014年より連載されている流石景による漫画『ドメスティックな彼女』。2016年11月16日(水)発売の「週刊少年マガジン」51号では同作が初めて表紙を飾り、さらに袋とじ企画が実施された。少年漫画で表現できる限界ギリギリの内容に、ファンからは「マガジン攻めすぎwww」「ぬわぁぁ! これはすんばらしい袋とじ!」と興奮の声が上がっている。

 『ドメスティックな彼女』は、両親の再婚によって主人公の藤井夏生と橘瑠衣、陽菜の姉妹が義理の家族となり、さまざまな困難を乗り越えて愛を育んでいくという純愛作品。第1話で夏生と瑠衣が初体験をすることで物語が始まるのだが、今回の袋とじではついに恋人となった2人が再び体を重ね、愛を深める様子が描かれている。

 同作は「週刊少年マガジン」48号でも少年漫画で初の官能小説を掲載し、その思い切った試みに「マガジンいいじゃねぇかwww」「ちょっと何やってんの! 許すけど」「マガジンの思い切りのよさに感動すら覚える」と賞賛の声が上がり話題となったばかりだ。

 今回袋とじ16ページにわたって描かれた睦みあう夏生と瑠衣の姿は、いつにも増して生々しく大胆。限界に挑戦したかなり過激な内容となっており、既に手に取った読者からは「すごすぎて笑いしか出ないwww」「おいこら、どこまで行くんだマガジン!(大歓喜)」「OK、このまま突っ走れ、俺が許す」「この心意気、感服するわ。どこまでもついていきますよ~!!」と絶賛の声が。中には「これは保存用と読む用に5冊は必要じゃねぇか! ちょっと追加で買ってくるっ」と大量購入に乗り出す者まで出現。

    img02
    (C)流石景/講談社

 ちなみに袋とじで掲載された漫画は電子版や単行本での収録予定はないため、今回、紙版で発行される「週刊少年マガジン」51号でしか読むことができない限定版となっている模様。「週刊少年マガジン」の心意気を目の当たりにしたい人は、次号が発売されてしまう前に書店やコンビニで、保存用と読む用を手に入れておくしかない!