アニメ「NARUTO」第703話の自来也と大蛇丸の友情に「なんて仲の良さだよ!」と感動の声続出

アニメ・マンガ

2016/11/17

 2016年11月10日(木)にアニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」が放送された。自来也が大蛇丸を振り回す様子が描かれたのだが、その様子にファンからは「なんて仲の良さだよ!」と絶賛の声が上がっている。

 第703話では「JIRAIYA」という、原作にはない自来也の過去のエピソードがアニメオリジナルで公開された。まず描かれたのはまだ子供の自来也が女風呂を覗くエピソード。興味の無さそうな大蛇丸も巻き込もうとするが「僕はもう帰る」とクールな大蛇丸はその場を立ち去り、自来也は老婆に熱湯をかけられてしまう。

 そして成長した自来也はまたしてもおかしなことを企てる。思いを寄せる綱手を惚れさせるため、大蛇丸が悪漢を演じ、襲われている綱手を自分が助けるという計画だ。大蛇丸は「そんなことにどんな意味があるの?」と相変わらず興味無さそうな返答をするが、何故か協力。賭博に行った帰りらしい綱手の前に仮面を被った大蛇丸が立ちふさがり、拳を構えるが、「ふざけたことすると、殺すぞ!」と凄まれると、1歩、2歩と後ずさる。これには「付き合ってあげてる大蛇丸、良い奴すぎる…」「損な役回りなのにどうして引き受けたwww」といった声が。

 そして綱手が得意技の怪力を使った蹴りをお見舞いすると地面がバキバキに割れ、大蛇丸は土煙に包まれてしまう。そこへ絶妙なタイミングの悪さで駆けつけた自来也は計画が破綻しているにもかかわらず綱手を口説こうとし、無事だった様子の大蛇丸は「私は帰る」と言ってその場をスタスタと立ち去ってしまった。綱手も呆れた様子で「何してんだお前たち」と言って微笑む。

 このやりとりにファンは「こいつらの仲いい姿見られて感動!」「こんな仲良かったとか…涙出るわ!」と感動した様子。最後には三人が焚き火を囲み夢を語る場面が描かれ「この3人が夢を語り合ってるとは感慨深い!」と視聴者の心を掴んだ。

 自来也と大蛇丸のかつての友情が描かれたエピソードが大好評を博した今回の放送。より一層感動を深めるアニメオリジナルのエピソードは今後もどんどん描いていただきたい。