Pixiv発の衝撃作! 監禁、調教、友人の怪死…。優等生の女子高生に秘められた異常性は愛となり、常軌を逸した大事件に―。『鈍色プラネタリウム』が遂に書籍化!

マンガ・アニメ

2016/12/7

    img01

 Pixiv発の衝撃作『鈍色プラネタリウム』が遂に書籍化され、2016年12月26日(月)に発売される。

 通学路を友人と帰る一人の女子高生。名前は優美子。彼女は成績優秀、素行良好で世間で言うところのお嬢様。だが帰宅した彼女が何よりも楽しみにしていたこと… それは地下室に閉じ込めた両手足が無い青年に逢いに行くことだった―。

    img02
    img03
    img04

少女に秘められた異常性─
それは愛となり、徐々に、そして確実に
一人の青年を蝕んでいった─

 後に彼女の行為が青年を含め、多数の人間を巻き込む大事件へと発展する。Pixivで連載された『鈍色プラネタリウム』は、タグに“R18G”という閲覧制限をされつつも、累計170万PVを叩き出した。四肢が無い青年(雅彦)の監禁、調教、そして周りの友人の怪死…。優美子という女子高生が引き起こした監禁事件を、優美子本人の異常性や純粋さを絡めながら描かれたクライム・ラブサスペンスだ。

    img05
    img06

 書籍版には、カラー漫画4Pに加え、優美子の過去編、本編の未公開追加ページ、エピローグなど描き下ろし多数が収録され、総320ページに。さらに単行本の帯に記載されているパスとQRコードから「とある病室での出来事」が読めるシークレットページへとアクセスできる。
⇒『鈍色プラネタリウム』特設ページ

※掲載内容は変更になる場合があります。