その時、利根川は“プッチン”するのか、“プッチン”しないのか……『中間管理録トネガワ』と『プッチンプリン』の悪魔的コラボマンガが誕生!

マンガ・アニメ

2016/12/5

はじめに

ついに来たっ…! 広告案件……!
『プッチンプリン』と月刊ヤングマガジン連載中の『中間管理録トネガワ』が悪魔的コラボ…!

 シリーズ累計2000万部を超える福本伸行の「カイジ」シリーズ(講談社)に登場する帝愛グループ幹部・利根川幸雄。彼を主人公としたスピンオフマンガ『中間管理録トネガワ』(「月刊ヤングマガジン」連載)がスピンオフとしては異例の累計100万部を超える大ヒットを記録している。

 利根川は兵藤会長からの無理難題を部下の黒服を指揮して応える日々。会長と黒服の間を右往左往する、まさに利根川の魂の中間管理録。ある日、『中間管理録トネガワ』になんとグリコから悪魔的タイアップの依頼が舞い込んだ!

『中間管理録トネガワ』×『プッチンプリン』悪魔的コラボとは?

 2017年、発売45年目を迎える江崎グリコ株式会社のロングセラー商品『プッチンプリン』シリーズにおいて“プッチン”する派なのか、“プッチン”しない派なのかを問うWEBキャンペーン「プッチン®国民投票」が2016年10月31日よりスタート。

 “プッチン”する派の代表に女優の河北麻友子さん、“プッチン”しない派の代表にお笑い芸人のバイきんぐ・小峠英二さんを迎え、さらに他の有名人も続々と登場!!  “プッチン”する派にはメンタリストDaiGoさんや人気キャラクターのガチャピン。一方、“プッチン”しない派には小説家の羽田圭介さんや元プロゴルファー古閑美保さん。それぞれの視点から“プッチン”する派なのか“プッチン”しない派なのかを表明している。

 まさに国民的な盛り上がりを見せる「プッチン®国民投票」キャンペーンに、なんと国民的人気を誇る人気中間管理職・利根川幸雄がまさかの参戦か?

 12月5日(月)発売の『ヤングマガジン』誌上に『トネガワ』×『プッチンプリン』の悪魔的コラボ マンガ「出張番外編 中間管理録トネガワ」が掲載される。

 会長にプッチンプリンを出す際に、ふと悩むトネガワ。

「会長は“プッチン”する派なのか、“プッチン”しない派なのか……」。

果たしてトネガワは“プッチン”して出すのか、“プッチン”しないで出すのか……。