おせちになるごちそう!「有頭えびの黄金焼き」と「手羽とれんこんと栗の黒酢煮」【つくってみた】『レタスクラブ』12/10号発売!

食・料理

2016/12/8

『レタスクラブ’16 12/25号』(KADOKAWA)

 こんにちは。漫画家・イラストレーターの山本ありです。だんだん2017年が近づいて来ましたね。この頃に毎年悩むのがおせち料理です。昔の我が家は家族が多くおせちを用意しておりましたが、ここ数年で集まる家族もぐっと減りました。

この時期になると「おせちどうする?…食べる?小さいの買おうか?」という会話が家族の中ではじまります。めでたい年始なので一応用意していますが、食べきれず三が日を過ぎても朝昼晩とおせちを食べているのが毎年恒例。いよいよ今年こそ人数に合ったおせちを用意したほうが…と思いレタスクラブに頼る次第です。

今回は「おせちになるごちそう10皿」特集から「有頭えびの黄金焼き」と「手羽とれんこんと栗の黒酢煮」をつくりました。レポ漫画は「有頭えびの黄金焼き」です。

「有頭えびの黄金焼き」と「手羽とれんこんと栗の黒酢煮」。この2つは献立としてバランスもよい気がするので、是非一緒につくってみてください。
 両方ともこってり系なので合わせたのはサッパリと白菜ナムル、ちくわときゅうりの炒め物です。

 「手羽とれんこんと栗の黒酢煮」も作っている最中から黒酢と紹興酒の良い香り! 紹興酒がふんわり感じるジューシーな手羽元! あまりのおいしさに「両親に食べさせたい! 作ってあげたい! 誰かとこのおいしさ分かち合いたい!!」と思わせるほどでした。(なんで一人で食べたんだ…)

長生きの象徴であるえび、勝ち栗といわれ縁起のよい栗に先の見通しがきくれんこん。おめでたい食材を使えば家でも簡単におせちができるんですね。黒酢煮は白米に合うので普段のおかずにもばっちりです。

レタスクラブ ’16 12/25号』は12月8日(木)発売です。