定番トップスは少なくとも6パターン着回す! 香菜子さんから学ぶ、肩の力をゆるーく抜いた普段着コーデ

ライフスタイル

2016/12/18

 普通の服なのに「ちょっと違う!」感じに見える普段着コーディネートが人気な、モデルやデザイナーとして活躍する香菜子さん。彼女が5年間撮りためたコーデ&最新コーデなどを、おしゃれに見えるアイデアとともに公開する『香菜子さんの服えらび。』が2016年12月20日(火)に発売される。

 香菜子さんはこれまで何千回、何万回と鏡の前で服の組み合わせを試してきた。その中で、なんとなく「あ、こうすると格好よくなるな」という自分なりのルールが見えてきたという。そのルールとは「キメキメになりすぎず、でもだらしなく見えない」こと。同書では、そのちょうどいいバランスをサラリとつくってくれる「毎日の服 10のルール」を紹介。肩の力が抜けた大人のおしゃれを楽しめるはずだ。

 また、白シャツ、ボーダー、カーディガン、ノースリーブ、白Tシャツなどの定番トップスの着回しも掲載。主役としてはもちろん、インナーにしたりアクセント役にしたり、シンプルだからこそいろいろな顔に変化してくれる定番トップスを「少なくとも6パターンは着まわす」という香菜子。自由に使いこなせるようになれば、コーディネートの幅は驚くほど広がるだろう。

 他にも、季節ごとの1週間を切りとった「春・夏・秋・冬 暮らしと服のフォト日記」や、冬の着こなしの中で大きな面積を占める「コートの色別着まわし帖」、こなれた小物の使い方など、オシャレが楽しくなるような情報が満載。料理家・ワタナベマキさんや、雑貨店「hal」のオーナー・後藤由紀子さんとの「ヒミツのおしゃれの話」も気になるところ。同書を読めば、普段着でもグッとこなれた感じを演出できるはずだ。

※掲載内容は変更になる場合があります。