新しい環境で「迷子」になりかけている人へ。ミステリーの名手が贈る成長小説の傑作、待望の文庫化!

文芸・カルチャー

2016/12/22

『感傷コンパス』(多島斗志之/KADOKAWA)  ローカル線で知らない町を旅している。多島斗志之の『感傷コンパス』(KADOKAWA)は、そんな気分が味わえる小説だ。目の前には豊かな自然が広がり、初めて聞くのに懐かしい方言が耳に飛びこんでくる。新幹線や飛行機の旅では得られない、心地よい時間が体をひたしてゆく。  物... 続きを読む