子育てや仕事に追われているあなたに。「簡単・時短」でも栄養満点の料理を作るコツ

食・料理

2016/12/27

 子育てや仕事に追われ、料理にそう多くの時間をかけられない―。そんな悩み多き女性の味方となるコツやレシピを伝授する『簡単・時短。なのにごちそう! 毎日ごはん。』が2016年12月8日(木)に発売された。

 同書の著者は、料理家として、そして一児の母として多忙な毎日を送るワタナベマキ。同書のキーワードは、タイトルからもわかる通りズバリ「簡単、時短」だ。

 仕事で遅くなってしまった日の夕食は、ストック食材を活用。下味をつけて冷凍しておいた肉や魚を焼いたり、蒸したり、揚げたりするだけでメインのおかずが完成する。そこに、ザクザクッと切ってオイルと合わせ冷蔵保存しておいた野菜を添えれば、調理にかかる時間は少なく、美味しくて栄養満点の献立に。また、一つの鍋で完結する蒸し料理やボリューム満点のおかずご飯も、忙しい時に重宝する献立。どちらも具材のうま味を存分に引き出して、食べ応えのあるひと皿に仕上がる。

 そして、調理道具も「簡単・時短」には欠かせない要素になる。鍋は、多重構造でフタがぴったりと閉まる保温性・密着性の高いものがオススメ。加熱時間が少なく済むと同時に、素材のうま味が引き出され、調味料が少なくても驚くほど美味しくなる。特にステンレス製の鍋は丈夫でお手入れもラクチンだ。

 毎日のごはん作りが楽しくなり、気持ちと時間に余裕が生まれる様々なコツとレシピを紹介する同書。参考にしてキッチンに立てば、夫や子ども、両親など大切な家族に愛情たっぷりの料理を作ってあげられるはずだ。

ワタナベマキ
料理家。グラフィックデザイナーを経て、2005年に「サルビア給食室」を立ち上げ、料理家としての活動を始める。簡単にできて旬の食材や素材の味わいを生かした、体にやさしい料理に定評がある。著書に『作っておけるごはん』、『食材2つでささっとメインディッシュ』ほか多数。

※掲載内容は変更になる場合があります。