「なんで人を嫌いになっちゃいけないの?」 子どもからの「なんで?」にあなたはなんと答える?

出産・子育て

2017/1/4

 ドキッとする子どもからの質問に、あなたならなんと答えますか? 4歳のなぜなぜ星人とお父さんによる心温まるストーリーを描いた『ねえねえ、なんで?』が、2016年12月18日(日)に発売された。

 同書は、子育てママの涙腺崩壊率100%の『すぐそばも幸せにできないで。』が5万部を突破し、Facebookで累計100万いいねを誇る、人間関係トレーナー・高島大によるオール書き下ろしのエンタメ小説。普段無意識に行っていた習慣に気づいたり、モノの見方、捉え方が変わる1冊となっている。

 「ねえねえ、幸せってどうやって手に入れるの?」。こんな風に子どもは時々、大人でもドキッとするような「なぜ?」をぶつけてくる。でもこれって、生きていく上でとっても大切な質問だったりもするのだ。

 そんな“なぜなぜ期”まっさかりの4歳の少女と、そのお父さんが登場。どこに行っても「あれはなに?」「これはなに?」とお父さんに質問攻め。そして、このなぜなぜ星人がある日、こんな質問をお父さんにぶつける。

「ねえねえ、おとさん。なんで人を嫌いになっちゃいけないの?」

 さて、お父さんはこの質問になんと答えるのだろうか。この他にも、「ねえねえ、夢を持たないといけないの?」「ねえねえ、感謝するのって当たり前?」「ねえねえ、自信ってどこからやってくるの?」など、子どもと一緒に大人も成長できる15のストーリーが収録されている。

 純真無垢なこころから飛び出す質問の数々は、「人の心」「人間関係」「人生」の悩みや不思議を表している。人生も幸せも、正解は一つだけではない。これらの質問に、あなたならどんな答えを出すだろうか。考えながら読んでみるのもいいかもしれない。

高島大
1976年生まれ。幼少期、両親の離婚をキッカケに幸せな家族とは? 幸せな人間関係とは何か? を考えはじめる。中学卒業後、人間関係の本質などを本格的に学びはじめ、幸せな人間関係やモノの見方・捉え方、そして心の習慣について独自の考え方を身につける。その思考術をもとにしてエッセイを綴ったFacebookページは、夫婦やカップル、子育て中のママの間で「泣ける!」「タメになる!」と話題になり、まったくの無名にも関わらずフォロワーは43,000人を超える。また、子育てに関して綴った記事はFacebookのみで47,000人がいいね! シェア数は27,000にも登り、家族やパートナーへの想いや考え方を綴った温かいメッセージには毎回平均3,000人のいいね! が付く。現在、自身が学んだ知識と経験を活かし、すぐそばの大切な人、モノ、コトを大切に幸せにする「物の見方、捉え方、考え方」「具体的な方法」を楽しく解りやすく伝える講演には全国からオファーが殺到。小学校、保育園、助産院などの外部講師も務める。

※掲載内容は変更になる場合があります。