舞台『ドラえもん』でのび太役を演じるのは小越勇輝!「ちょっとこれどうなるの!気になる!」と注目集まる

エンタメ

2017/1/8

 舞台版「ドラえもん のび太とアニマル惑星」(以下、アニマル惑星)が2017年3月より再演されることが決定したのだが、のび太役を小越勇輝が務めることが発表され「小越くんがのび太とか想像できないんだが!」「ちょっとこれどうなるの!気になる!」と大きな注目が集まっている。

 「アニマル惑星」は2008年に公演されており、当時は坂本真がのび太役を演じた。坂本は眼鏡がトレードマークの個性派俳優で、ドラマ「のだめカンタービレ」の橋本洋平役や映画「電車男」のオタク役など、どこか冴えない男の役には定評があったことから「坂本さん完コピじゃないっすかwww」「のび太がのび太演じてる!」と話題になった。

 そして今回はキャストを一新。のび太役を演じる小越は、ミュージカル「テニスの王子様 2ndシーズン」の越前リョーマなどのび太とはかけ離れたキャラを演じ、さらに2016年4月にはファースト写真集を出したことも記憶に新しい若手イケメン俳優だ。

 そんな小越が演じるのび太には早くも「全くイメージと違うけど逆に見てみたい!」「小越がドラえも~ん!って泣きつくのか…なんだこの求心力」「小越がのび太ならしずかちゃんもイチコロですわwww」と皆興味津々のよう。

 しかし一方で、ビジュアル的には丸眼鏡姿という共通点がある、舞台「弱虫ペダル」の小野田坂道役を演じていたということもあり「弱虫ペダルの丸眼鏡姿ハマってたし、のび太もすんなりこなせそう」といった声もちらほら。

 舞台「黒執事」にも出演した陳内将の演じるスネ夫にも「陳内さんがスネ夫ってマジ? 確かにリッチな感じは出せると思うけど…」「陳内さんで髪型再現するとなるとものすごい違和感が生まれそうwww」と注目が集まっている。彼らが舞台の上でどのように演じてくれるのか、ぜひ劇場に足を運び確認してみよう。

■舞台版「ドラえもん のび太とアニマル惑星」
原作:藤子・F・不二雄
出演:小越勇輝、樋口日奈、皇希、陳内将、他
脚本・演出:鴻上尚史
舞台版「ドラえもん のび太とアニマル惑星」公式HP http://www.thirdstage.com/doraemon2017/