「かもめ食堂」「深夜食堂」「ごちそうさん」のフードスタイリング担当、飯島奈美の春夏秋冬“がんばりすぎない”ごちそうレシピ

食・料理

2017/1/13

 「かもめ食堂」「深夜食堂」「ごちそうさん」などでおなじみの人気フードスタイリスト・飯島奈美のほぼ3年ぶりとなるオリジナル新作レシピ集、『今日も食べたいごはん』が2016年12月24日(土)に発売された。

私のパーティ料理のコツはズバリ“がんばりすぎない”こと。手の込んだ料理を用意しなくても、大人も子どもも大好きなメインディッシュと、気の利いた副菜があれば、華やかな食卓が完成します。同書14ページより

 飯島ならではの、飾らないけれどしみじみ美味しい家庭料理を季節ごとに紹介。さらに10皿のデザートレシピ付き。食材も工程もシンプルを基本とし、スタイリングも含めて、毎日の食事がちょっと楽しく、美味しくなる料理を紹介している。

寒い「冬」にカラダ温まる一品を

    img02

 冬のメニューでは、旬の食材である大根をまるごと使い切るレシピが登場。ブリおろしかけに、大根の炒め物、大根とにんじんのなます風サラダ、ブリのみぞれ鍋など、余すところなく大根を美味しく調理できる。

 また、定番料理を和風アレンジしたレシピも紹介。餃子にはキノコをたっぷり入れて「きのこぎょうざ」にしてみたり、カレーも和風テイストにアレンジ。これなら、マンネリ化も防げそうだ。

 その他にも、みんなが集まるときに食べたい「煮込みハンバーグ」や、「チキンバスケット」「えびマカロニグラタン」など昔懐かしい喫茶店メニューも。ホカホカごはんで寒い冬を乗り越えよう。

花芽吹く「春」をたっぷり味わう

    img03

 春といえば、菜の花や春キャベツなどが食べ頃。春を感じさせる食材を使った「菜の花のボンゴレ」や「さっぱりした春キャベツのコールスロー」なども絶品。奄美地方の郷土料理・鶏飯をアレンジした「鶏の汁かけめし」は好きなようにトッピングできるので、楽しみながら食べることができる。

 また、春は「桃の節句」や「端午の節句」「卒業式」「入学式」といった、お祝いごとが多い時期。そんな席にぴったりな「お祝いの料理」も多数掲載。「具だくさんの卵焼き」や「鯛とサバの笹寿司」など、子どもと一緒に手軽に作れる料理も多いので、準備の時間から楽しい時間を過ごせそうだ。

    img04

 さらに「野菜たっぷり白和え」「パプリカとセロリのそうめん」「温野菜とスパイシードレッシング」など野菜不足の人には嬉しいレシピも。「豆腐つくね」や「きゅうりと大根とささみの酢の物」といった低カロリーのものも多いので、カロリーを気にしている人にとっても嬉しいポイントだろう。

暑い「夏」はスタミナをつけて元気に過ごす!

    img05

 夏バテしがちで食欲も落ちる季節だからこそ、食事が大切になってくる。そんな時にピッタリなのが、スタミナレシピ&元気が出るレシピ。「スペアリブのはちみつ煮」や「きゅうりのヨーグルトソースサラダ」は、スタミナもついて子どもも喜ぶ一品。韓国の名物料理「タッカンマリ」は、少しピリ辛で体も温まる。冷房に当たりすぎて冷えた体にはピッタリだ。

 その他にも「ゴーヤーのみそ炒め」や「鶏肉のごましょうがだれがけ」など、写真をみただけでよだれが垂れてきそうな料理が満載。「夏のみそ酢豚」や「夏のすき焼き」のレシピもあり、いつもの料理とは何が違うのか確かめてみて欲しい。

食欲の「秋」はお父さんが大活躍!?

    img06

 お父さんたちの得意料理といえば、細かな手間ひまかけたようなものではなく、豪快でボリュームたっぷりのものが多いだろう。「鶏のパリパリ焼き」や「じゃがいもとベーコンのリゾット」も、じゃがいもは皮つきのままでOKで、鶏も焼いている間にソースを作ればいいので下味を付ける必要がない。細かな作業がない分、お父さんたちも楽々に家族に喜ばれる料理を作ることができる。

 豪快な料理もいいけど、ほっとする京風おばんざいで風流を味わうのもまたおつなもの。「野菜たっぷりのおから」や「なすとみょうがの揚げ煮」など、料亭で出てくるようなおばんざいも家で作ることができる。いつもより少しだけ食器などもこだわってみると、より料亭感がでていいかもしれない。

食後のデザートは別腹♪

    img07

 季節関係なく、甘い誘惑を漂わせるのがデザート。手間ひまはかかるが、自分で作ったデザートのおいしさは格別だろう。かぼちゃプリンやパウンドケーキなど定番のデザートから、見た目も涼やかな「メロンとしそのフルーツポンチ」「冷凍ベリーのシャンパンゼリーがけ」など、さまざまなオリジナルデザートも登場している。普段デザートは市販のものという人も、たまには作ってみるのもいいかもしれない。

飯島奈美
フードスタイリスト。東京生まれ。テレビCMを中心に広告、雑誌、イベントなど幅広く活躍。2005年の「かもめ食堂」参加をきっかけに、映画やテレビドラマのフードスタイリングも手がけるようになり、「海街diary」「深夜食堂」「ごちそうさん」といった話題作を担当。著書に『LIFE』シリーズ、『シネマ食堂』『セカイのきんぴら』、『飯島風』、『あしたのお弁当』、『深夜食堂の料理帖』(共著)などがある。

※掲載内容は変更になる場合があります。