『鋼の錬金術師』史上初の大規模原画展開催にファンから歓喜の声続出!「ずっとファンでいて良かった……」

アニメ・マンガ

2017/1/15

 2017年12月に実写映画公開が予定されている漫画『鋼の錬金術師』だが、それに先駆け秋に“ハガレン”史上初の大規模原画展「鋼の錬金術師展」の開催が決定した。2017年はハガレンイヤーと決定づける大型企画の始動に「遠征して絶対見に行く!」「原画展とか最高過ぎんだろ! ありがとうございます!」と歓喜の声が溢れかえっている。

 原画展の詳細は春に発表とのことで、今のところは情報がほとんどないが、完結から7年の時を経ての初の原画展開催に「ずっとファンでいて良かった……」「待たせやがって、ホントに感動で打ち震えているよ」とファンからは感動の言葉が。

 作者の荒川弘は現在『週刊少年サンデー』で『銀の匙 Silver Spoon』、『別冊少年マガジン』で『アルスラーン戦記』、『ウィングス』で『百姓貴族』を連載中。

 2014年には、「荒川弘 原画展 『アルスラーン戦記』コミカライズ記念展」が開催され大盛況となった。荒川の生原稿や仕事道具などが展示され、「線がすごくきれいで生で見たらめちゃめちゃ感動した」「生原稿のパワーが凄すぎる、圧倒された」「トーンとかの指示も書かれていて、本気の仕事現場を覗けた気がして胸がいっぱいになった」と絶賛の声が相次いだ。

 果たして大規模原画展「鋼の錬金術師展」は一体どれほどの人を感動の渦に包むだろうか。期待は高まるばかりだ。
◆「鋼の錬金術師展」公式サイト
http://www.mbs.jp/hagarenten/