カバヤ食品と児童書のポプラ社がコラボした本『ティンクル・セボンスター』に大反響!「娘と一緒にドはまりしてます(笑)玩具もカワイイ!」

エンタメ

2017/1/18

 玩具菓子として人気の「セボンスター」は、いま子供だけでなく大人の間でも大人気。さらに販売元のカバヤ食品と児童書のポプラ社がコラボして「セボンスター」の世界観を物語にした本、『ティンクル・セボンスター』シリーズも大反響を呼んでいる。4月には第3弾が発売されるということで、今回はセボンスターの魅力に迫ってみよう。


 「セボンスター」は、チョコレートなどのお菓子にキラキラのペンダントが付いているもの。発売から37年のロングセラーであり、現在も子どもたちの間で人気なのだが、大人になったかつての少女たちも「なつかしい!」「かわいすぎ!」と夢中になっている。大人としての楽しみ方としては、定期的に新たな種類が発売されるセボンスターを大人買いでコンプリートしたり、手に入れたペンダントをストラップやピアスにリメイクしたりする人が多いようす。

 SNS上にコンプリートした写真をアップしたり、リメイク報告をする人が続出し、「セボンスター集めるの楽しすぎる!! 安いし見つけたらつい4、5箱買っちゃう~~」「集めたセボンスターならべて女の子の気持ちに浸ってる…(恍惚)」「インスタにリメイクしたストラップ乗っけたら女友達もハマりだしたwww セボンスターの威力すさまじい」といった声が聞かれる。

 そして2015年12月には、セボンスターが物語になった『ティンクル・セボンスター(1) はじめまして★宝石の妖精モモ』、2016年7月には第2弾『ティンクル・セボンスター(2) まいごの妖精ピリカと音楽会』が発売された。人間の女の子アンナが宝石の国へ行けるペンダントをかけて宝石の妖精たちと冒険の旅に出るというキュートな物語に加え、初回限定特典として玩具が付くということで「ストーリーに娘と一緒にドはまりしてます(笑) 玩具もカワイイ!」「コンプリートのために買っちゃった!! もう物語も玩具もキュートすぎて感無量です」と購入者は大満足の様子。

 子供やその親までも虜にしている『ティンクル・セボンスター』シリーズ。第3弾にはどんな玩具がついているのかまだ明らかにされていないが、乙女心をくすぐってくれることは間違いないだろう。