松坂桃李主演『視覚探偵 日暮旅人』の舞台が下町の理由は…?堤監督の世界観の根底にある“リアルさ”【堤幸彦監督インタビュー】

エンタメ

2017/1/29

 テレビドラマ業界には「堤以前・堤以後」という言葉が存在する。この“堤”とはもちろん、『トリック』や『SPEC』といった独特な世界観のある作品を生み出してきた堤幸彦監督のことだ。  画期的な演出方法を取り入れ、多数の話題作を生み出してきた堤監督が、今年はじめに手がけるドラマが『視覚探偵 日暮旅人』だ。原作は累計75万... 続きを読む