ダ・ヴィンチニュース「アニメ部」

「奥谷楓」 声優インタビュー&ミニグラビア【声優図鑑】

奥谷楓

 編集部が注目する声優に、声優を目指したきっかけや、初めてのお仕事、そしてプライベートなことまで、気になるあれこれについてインタビューを行い、さらに撮り下ろしのグラビアも交えて紹介する人気企画「声優図鑑」。

第151回となる今回は、テレビアニメ「Dimension W」の四阿屋雅役などを演じる奥谷楓さんです。

――2014年の「全日本美声女コンテスト」でファイナリストに残った奥谷さんですが、声優になりたいと思ったきっかけは?

奥谷:高校生の時に、地域のイベントで影ナレを頼まれて。そこで周りの方から「きれいな声だよね」って言われて、声のお仕事が気になるようになりました。

――その後、大阪芸大の短大に進学していますね。

奥谷:声優コースができたばっかりで、私は一期生でした! それから声優事務所のオーディションをいくつか受けて、「全日本美声女コンテスト」を受けたのは短大2年生のハタチのときです。最初は受けようとは思ってなかったんですけど、周りの友だちが誘ってくれたんです。その友だちがいなかったら今の私はないんじゃないかって思います。

――「全日本美声女コンテスト」で約1万4000人の中からファイナリストとして残ったのは約12人と聞きました。すごいですね。

奥谷:いや…私、場違いなんじゃないかと思ってました。オスカープロモーションさんが開催していることもあって、きれいなモデルさんみたいな子がたくさんいたので、私がここにいるのはヘンだなって。

――オーディションでは「プリキュア」のダンスを披露されたと。

奥谷:特技が何かないかと言われたので踊ったんですけど…恥ずかしいです(笑)。学園祭のときに一緒に踊ろうと誘われて覚えたものなんですけど、ダンスが全然できなくて。

――ツイッターでは、最近新たに歌とダンスのレッスンをしているというお話も。

奥谷:そうなんです。近々披露する機会があるかも…。やっぱりあんまり向いてない気はしますけど、踊れたら楽しいと思うので、どんどんチャレンジしたいです!

――披露を楽しみにしています! 歌やダンスの参考にしている人はいますか?

奥谷:AKB48さんがすごく好きです。かわいい子たちがいっぱいいるから。特に好きなのは、島崎遥香ちゃん…ぱるるです。かわいいですよね(笑)。ダンスのレッスンをするようになってから、どんな風に練習してるんだろう…っていう目線で観察するようになりました。

――声優として初めて出演した作品は?

奥谷:「Dimension W」の四阿屋雅役が、台本を持ってみなさんと一緒にマイク前で演技をした、初めての作品でした。
それまではゲームなどに出演していて、いつかアニメにも出ることができたらいいな~と思ってたんですけど、自分の演技に自信がなかったので…。役が決まったときはすっごく嬉しくて、泣いちゃいました(笑)。
ベテランの役者さん方ばかりでものすごく緊張したのを覚えてます。セリフの掛け合いが多かったマブチ・キョーマ役の小野大輔さんにはアドバイスを頂いたり、何テイクもお付き合いいただいたり、本当にお世話になりました。
素敵な作品に携わることができ、いろんな経験ができて本当によかったです。

――ゲームの出演作は「けものフレンズ」や「白猫プロジェクト」など。自分でもゲームが好きだそうですね。

奥谷:幼稚園くらいからずっとやってましたね。がっつりするようになったのは高校生くらい。特に「零」っていうホラーゲームが好きです。怖いんですけど、ストーリーがすごく好きなんです。零シリーズの中では「零‐刺青の聲‐」が一番感動して好きです。

――「零シリーズ」を始めたきっかけは?

奥谷:ネットの実況動画を見て、私もやってみたいなって思いました。日本のお化けが出てくるんですけど、実況の人が怖がってるのを見るのがおもしろくて(笑)。でも、実況を見ていたときより、実際にプレイしたときのほうが怖くて、手汗がすごく出たりとか、びっくりしてコントローラーをポイッて放り出しっちゃったりしました。バーンっていきなりアップで出てくるんですよ! 悲鳴をあげながらプレイしてます(笑)。

――怖いもの見たさですよね(笑)。では次に、ジャンルを問わず、奥谷さんが好きなものを3つ教えてください!

奥谷:え〜迷うなぁ…。ゲーム、家族、お菓子かな。

――ゲームは今伺った通りですね。じゃあ、休日はゲームをしたりして…。

奥谷:はい。最近は「OVER WATCH」をやってます(笑)。ゲーム以外にも映画をみたり、家の中でごろごろしてます。

――2つ目の“家族”というのは?

奥谷:滋賀の実家にいる家族のことが大好きなんです。私の一番の支えになってるのはやっぱり家族だなって思います。
応援してくれたり、喜んでもらえたり、それがすごく嬉しくて、もっと頑張ろうって思えます。兄弟は3つ違いと7歳違いの弟がいます。犬も飼っていて、いつも実家に帰るときはすごく楽しみにして帰ります!

――小さい頃から、家族でアニメやゲームが好きになる環境があったんでしょうね。

奥谷:そうですね。ゲームは弟たちと一緒にやっていたので、その影響は大きかったかも。弟たちとは、「マリオパーティ」みたいにみんなでできるゲームとか、ガンダム系をかをプレイしてました。

――勝負系だと、お姉ちゃんばっかり勝っちゃうこともありませんか!?

奥谷:ありましたね(笑)。だからといって、わざと負けることはなかったです。私、けっこう負けず嫌いなので(笑)。

――3つ目は“お菓子”ということですが、かなり食べるほう?

奥谷:食べます! 最近のお気に入りは、のり塩味のポテチ。めっちゃ食べてます(笑)。しょっぱいお菓子を食べたら甘いものも食べたくなっちゃうので、その後にチョコを食べて。いろんな種類を買って、食べ比べをしてます。ポテチは1袋食べるとお腹にたまるので、ご飯代わりになることもありますね。

――プロフィールの特技の中に「キャベツの千切り」とありましたが、お菓子が好きな一方で料理も好き?

奥谷:料理は好きです。特技というほどでもないんですけど(笑)。ひとり暮らしなので、本当に疲れた日はお弁当を買って帰りますけど、基本は自分で作りますね。得意料理はバターチキンカレーで、市販のルーを使わずにスパイスから作ります。最近おうちにスパイスが増えてきたので、調味料棚がほしいなって思ってます。

――ひとり暮らしを始めて、良かったことや大変なことはある?

奥谷:良かったことは、時間が自由なこと。起きる時間も、帰ってくる時間も自由じゃないですか。大変なことは、帰っても家に誰もいないってことで、すごく寂しい…。家事は小さい頃からお母さんの手伝いをしていたし、自分のお弁当も作っていたので、苦になることはないんですけど。

――学生のときに入っていた部活は?

奥谷:高校では軽音楽部に入って、ガールズバンドのギターとボーカルを担当してました。SCANDALの曲が多くて、「少女S」っていう曲を文化祭や地域のお祭りで披露してましたね。エレクトーンも幼稚園くらいから弾いてました。

――楽器がいろいろ演奏できるんですね。好きなアーティストはいますか?

奥谷:JUJUさんがすごく好きで、カラオケでもよく歌います! いちばん好きなのは「やさしさで溢れるように」っていう曲。JUJUさんって大人っぽくてかっこいいし、表現力がすごいし、自分にないものを持っている感じがして、すごく憧れます。

――そんな奥谷さんはどんな性格?

奥谷:すごく人見知りです。なので最初はすごくおとなしい子って思われるんですけど…。仲良くなると普段の私らしからぬ事を言ったりするので、そのギャップに驚かれます(笑)。特にゲームをしてるときとか、口調が荒くなったり。中身は男の子みたいな感じです(笑)。

――そんな風には見えませんね(笑)。素顔の奥谷さんを知っている声優の友だちはいる?

奥谷:同じ事務所の吉村那奈美ちゃんは、普段から遊ぶことも多いので知ってると思います(笑)。最近は、ニコ生とかでもちょいちょい出てきてるかな…(笑)。でも、小さい頃は近所のおばあちゃんたちからも、おてんば娘って言われてました。男の子に混じってワーワーキャーキャーしてたので。それなのに、知らない人の前に行くと大人しくなって(笑)。

――これから奥谷さんの素顔が見られることも楽しみにしています(笑)。これから演じてみたい役はありますか?

奥谷:中二病っぽい役をやってみたいです。楽しそうだなと思って。今までは大人しい子とか、フワフワした子を演じることが多かったので、その真逆というか、はっちゃけた部分もありつつ闇を抱えたようなキャラクターを演じてみたいなって思います!

――では、これからどんな声優を目指したい?

奥谷:ナレーションもアニメーションも、歌もダンスも、オールマイティにこなせる声優になりたいです! 特にナレーションは、この世界に興味を持つきっかけになったもので、いつかバラエティ番組のナレーションができるようになりたい、と思います。たとえば、家にいるときによく見ている「ヒルナンデス!」みたいな、ワイワイガヤガヤと賑やかで楽しい番組でナレーションをしてみたいです。

――最後に、読者やファンに伝えたいことをお願いします!

奥谷:まだ私のことを知ってくださっている方はすごく少ないと思うので、このような機会を含め一つ一つを大事にして、もっとたくさんの作品や番組で声をお届けできたらと思います。これからも自分の可能性を信じて、先に進んで行きたいです。応援よろしくお願いします!

【声優図鑑】奥谷楓さんのコメント動画【ダ・ヴィンチニュース】

――ありがとうございました!

次回の「声優図鑑」をお楽しみに!

奥谷楓

奥谷楓(青二プロダクション)

奥谷楓 Twitter

◆撮影協力
BC WORLD STUDIO

取材・文=麻布たぬ、撮影=山本哲也、制作・キャスティング=吉村尚紀「オブジェクト



TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ