村上春樹のアンデルセン文学賞授賞スピーチ全文掲載! 『MONKEY』最新号

文芸・カルチャー

2017/2/2

    img01
    『MONKEY』Vol.11(編集:柴田元幸/スイッチパブリッシング)

 翻訳家・柴田元幸責任編集による文芸誌『MONKEY』Vol.11が、2017年2月15日(水)に発売される。

 同号には、2月24日(金)に7年ぶりとなる本格長編小説『騎士団長殺し』の発売を控える村上春樹が、2016年10月にアンデルセン文学賞授賞式で行ったスピーチ「影の持つ意味」を英語訳とともに全文掲載。スピーチで紹介されたハンス・クリスチャン・アンデルセンの短篇『影』も掲載される。

 また特集では、「ともだちがいない!」と題し、ともだちがいなかったり見つかったり失われたりする話を掲載。谷川俊太郎による書き下ろしの詩10編を、谷川が幼い頃に描いた絵とともに掲載するほか、チャールズ・ブコウスキーの未訳短篇小説『アダルトブックストア店員の一日』と詩2編を、柴田の訳し下ろしで本邦初掲載する。

 そして、『コンビニ人間』の大ヒットで一躍時の人となった芥川賞作家・村田沙耶香伊藤比呂美のインタビューを柴田が敢行。柴田の訳し下ろしで掲載する気鋭のアメリカ人女性作家、エミリー・ミッチェルの2つの短篇小説と2人の日本人女性作家の類似点を比較する。

 さらに、特集タイトルにちなみ「『いる』じゃん」と題した作品では、くどうなおこの詩と松本大洋の絵という夢の親子コラボレーションが実現。同誌恒例の猿の表紙イラストレーションは、アメリカの世界的ロックバンド「Yo La Tengo」のベーシストであり、イラストレーターとしても活躍するジェームズ・マクリューの描き下ろしだ。

 SWITCHオンラインストアから同号を購入すると、「谷川俊太郎の幼少期のイラストポストカードセット」が特典として付いてくるので、是非オンラインストアもチェックしてみよう。
◎「MONKEY Vol.11 ともだちがいない!」購入ページ
http://www.switch-store.net/SHOP/MO0011.html

    img02
    img03

※掲載内容は変更になる場合があります。