『騎士団長殺し』発売までに読んでおきたい! 村上春樹の短編小説たち

文芸・カルチャー

2017/2/13

 2017年2月24日に村上春樹の新作が新潮社から出版されることになった。今のところ明らかになっているのは、400字詰め原稿用紙で2000枚の書き下ろし作品で、全2冊で出版されるということ。『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)から約4年ぶりの長編ということもあり、心待ちにしている村上ファンも多いの... 続きを読む