アニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」で描かれたシカマル・テマリの胸キュンエピソードにファン悶絶!?

アニメ・マンガ

2017/3/1

    img01
    『NARUTO -ナルト- 木ノ葉秘伝 祝言日和』(著:岸本斉史、ひなたしょう/集英社)

 2017年2月23日(木)に放送されたアニメ「NARUTO -ナルト- 疾風伝」716話ではシカマルとテマリの姿が描かれ、2人のやりとりや表情にファンたちは「うっわ、可愛すぎて一瞬俺の息が止まった」「やべえええ!!!」と大興奮状態のようだ。

 現在アニメでは、『NARUTO -ナルト- 木ノ葉秘伝 祝言日和』を原案としたエピソードを放送中。716話では、シカマルがナルトとヒナタの結婚祝い探しに奔走。「新婚旅行」をプレゼントすることにしたシカマルは、女性の意見を聞くために、偶然道であったテマリに意見を聞くことに。チョウジのナイスアシストもあり、シカマルとテマリの2人で「新婚旅行」の下見に行くことになるのだが、シカマルが言葉足らずだったため、テマリは自分とシカマルの新婚旅行のことだと勘違い。終始、頬を赤らめ、照れくさそうな様子を見せるテマリにファンは「テマ姉さん可愛すぎ死んだ…」「見てるこっちが照れるわwwww」「ああ~~ たまんない~~」とキュンキュンしっぱなし。

 さらに、シカマルが下見のために温泉旅館に入ろうとすると、自身とシカマルの新婚旅行の下見だと思ってるテマリは大慌てで、顔を真っ赤にして「まだ覚悟が出来てない」「雰囲気に流されてしまうかもしれないから…」と旅館に入ることを断るのだが、ナルトたちの新婚旅行の下見のつもりでいるシカマルは、女性からの意見を聞くため、テマリに「俺にはお前が必要なんだ!」と迫る。この様子には「プロポーズじゃないですかwww」「ひゅう!! やりやがったぜ!!」と視聴者もハイテンションに。

 最終的には、互いの勘違いに気付き、シカマルがぼこぼこに…というオチ。しかし胸キュンエピソードにファンは「はぁ幸せな回だった…」「最高のエピソードをありがとうございます」とご満悦のようだ。

■アニメ「NARUTO -ナルト-疾風伝」
放送日時:毎週木曜日19:25~
原作:岸本斉史
製作:テレビ東京、studioぴえろ
放送:テレビ東京系ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/naruto/index2.html