忙しい朝には「冷凍つくりおき」を使ってラク早弁当を! 味よし、見栄えよしレシピ

食・料理

2017/4/2

    img01
    『冷凍つくりおきラク早弁当』(阪下千恵/主婦と生活社)

 「冷凍つくりおき」で楽しい弁当ライフを送る方法を紹介した『冷凍つくりおきラク早弁当』。

 忙しい朝に毎日お弁当を作るのは大変…。でも、「栄養あるものを入れたい、美味しいものを入れたい、見栄えだってほしい」という主婦にぴったりなのが、“冷凍つくりおき”を使ったお弁当作り。

 同書に掲載されている方法を使えば、3品を入れるだけですべて手作りの豪華なお弁当がたった5分~15分で完成する。

5分~10分でストックを作って冷凍しておく
→朝、そのまま焼いたり、電子レンジでチンするだけ

ゆでた野菜やマカロニを下味をつけて冷凍しておく
→電子レンジでチンしたり、トースターで焼くだけ

定番の副菜や卵焼きを作って冷凍しておく
→そのままお弁当箱に入れるだけ

 冷凍ストックは味付けなどでアレンジできるのでレパートリーも豊富。これなら、「何にしよう」と頭を悩ませることも「早起きしなくちゃ」と前の晩から憂鬱になることもない。今まで朝のお弁当作りに悩まされてきた人は、「冷凍つくりおき」で楽しいお弁当ライフを送ってみてはいかが?

<コンテンツ>
パート1「冷凍つくりおき」で作るメインおかず
・鶏肉のヨーグルト塩マリネ タンドリーチキン/揚げ焼きから揚げ
・豚肉甘みそ漬け 豚のみそ漬け焼き/みそとんかつなど全42品

パート2「冷凍つくりおき」で作る副菜おかず
・ラタトゥイユ ラタトゥイユのチーズ焼き/ラタトゥイユのマカロニ和え
・千切りキャベツのレンジマリネ コールスローサラダ/マスタードウィンナー焼き全29品

パート3「冷凍つくりおき」でそのまま使える副菜おかず
・きんぴらごぼう、にんじんグラッセ、ミニグラタン、卵焼き、キャロットラペなど12品

パート4「冷凍つくりおき」の主食バリエーション
・五目ご飯、チャーハン、おにぎり、肉巻きおにぎり、あんバタロール、蒸しパン、ホットケーキなど18品

阪下千恵
料理研究家・栄養士。外食大手企業、無農薬・有機野菜・無添加食品の宅配会社などを経て独立。企業販促用のレシピ開発、食育関連の講習会をはじめ、書籍や雑誌、テレビなどで活躍中。食べる人にも作る人にもやさしいレシピを心掛け、丁寧で分かりやすいレシピとほっとする味わいが好評。

※掲載内容は変更になる場合があります。