「ジャンプ」14号読切は“レア獣”を飼育する男子が主人公! ツチノコや河童の飼い方も分かっちゃう!?『綾樫くんは飼っている』

マンガ

公開日:2017/3/10

    img01
    『週刊少年ジャンプ』14号(集英社)

 2017年3月6日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』14号掲載の特別読み切り『綾樫くんは飼っている』が「妖怪の飼育法とか細かくて正直好き」「ツチノコの土田くんが可愛すぎ(笑)」と大好評だ。

 同作品は、ヒロイン・三日国菜胡のクラスに、珍獣や妖怪、UMA、モンスターを「レア獣」と呼び飼育している奇妙な男子・綾樫ユーマが転校してくるというギャグ漫画。ユーマはスライムのスライ美やツチノコの土田くんなど様々なレア獣を飼っていて、その飼育方法にも詳しい。ユーマがレクチャーしてくれるツチノコや河童の飼い方には「こんな具体的に書かれても困るwww」「カッパがなんとなく腹立つ顔だけどいいキャラしててちょっと飼いたい」と言った声も。

 原作をカザマカツヤ、作画を青木裕が担当していて、カザマは自身のTwitterで「アンケ葉書にタイトル載ってないですが面白かったら22と書いて出して頂けると嬉しいです! 今日のあなたのラッキーナンバーは22です!」とコメントしている。コメントの通り『ジャンプ』巻頭についているアンケートには21番までしか記載がないが、「22」と書けば読み切り作品への投票として反映されるそうだ。もっと綾樫くん、三日国さん、レア獣の日常を読みたい人はアンケートを送ってみよう。