文芸・カルチャー

直木賞作家・石田衣良が小説の書き方を公開指導! 本好きにはたまらないイベント満載の「本のフェス」開催間近

    img01

 本好きでもそうでない人でも気軽に楽しめるイベントが一堂に会した「本のフェス」が2017年3月12日(日)に開催される。

 昨年も開催され、1,000名の来場者を集めるほど大好評を博していた同イベント。今年も本に関連するイベントが満載だ。

    img02

「水道橋博士による次世代の読書芸人トークライブ」では、水道橋博士が自作『藝人春秋』をネタに、若手芸人を相手に“芸人の生きざま”について語り倒す。また「さんまのからくりTV」や「金スマ」を手がけたプロデューサー・角田陽一郎によるゲストトーク「作家を語る、作家と語る」では、角田が若手作家の文章を講評。作家という生き物について“あの”有名クリエイターと語り合う。

 また直木賞作家・石田衣良がアイデアを小説に仕上げていく方法を公開指導するワークショップ「“思いつき”からはじめる小説の書き方」も。小説好きな人が持っている「書きたい」気持ちを「書けた」に変えて、作家道へ踏み出させてくれるという。

 さらに「美声女ユニットelfin’」が選りすぐりの絵本を可憐な声で読み聞かせてくれる「お話し会」と、ラブストーリーに挑戦する「朗読ライブ」も見逃せない。

 豪華ゲストが登場するトークイベントやワークショップだけでなく、本好きにはたまらないイベントも満載。お店もなく、商品もないけれど、毎日どこかで開店している“エア本屋”の「いか文庫」が登場し、お楽しみのシークレットイベントや「すごい旅人求人サイト SAGOJO」とコラボしたイベントを開催する。また、「ディグラム・ランチ読書会」は性格診断レクチャーを受けながらランチするイベントとなっていて、新たな出会いが期待できるかも。

 テレビでもおなじみの「かもめブックス」柳下恭平がプロデュースする妖しげなスナックも登場。大人の雰囲気満載で、ゆるゆると本について語り合える空間となる。その他にも“2016年に読んだ私のオススメ本。”をテーマにオススメの本を交換しあう「ブクブク交換」、移動式本棚「BOOK ROUTE」と楽しい企画が盛りだくさん。

 もちろん本が欲しい人向けの企画もあり、会場では編集者・作家・書店員が駅弁売りのかごで本を売って回る。また「本の雑誌商店街」では「本の雑誌」執筆陣や仲良し古本屋&出版社が本を並べて、わいわいがやがや本や雑誌を販売。とっておきのお宝本を見つけるチャンスとなっている。

 イベントの日は“フェス”の名に違わず、野外ライブが開催される。あなたも読書の捗る音楽で包まれた会場を訪れて、本好きの仲間たちと語らってみては?

■「本のフェス」2017
日時:3月12日(日) 10:00~19:00
会場:日本出版クラブ会館
住所:東京都新宿区袋町6
主催:本のフェス実行委員会/読売新聞社
協力:日本出版クラブ会館・日本出版販売・神楽坂ブック倶楽部
公式サイト:https://honnofes.com/

※掲載内容は変更になる場合があります。



この記事の画像

  • honnofesimg02

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ