『ネギま』&『スクラン』が袋とじに! マガジン15号で読み切り掲載に発売前から反響の声続出

マンガ

公開日:2017/3/14

    img01
    『新装版 魔法先生ネギま!』8巻(赤松健/講談社)

 2017年3月15日(水)発売の『週刊少年マガジン』15号に『魔法先生ネギま!』と『School Rumble』の読み切りが掲載されることが発表され、「尋常じゃなく読み返したくなってきた」「何冊買えばいいかな! とりあえず2冊はいるな!」「読み切り袋とじとか絶対買って読むでしょ」と注目を集めている。

 『魔法先生ネギま!』は、魔法使いの少年・ネギが女子中学生の担任となり、個性的な女生徒たちと共に成長していくストーリー。一方『School Rumble』は、同級生の烏丸大路に恋する塚本天満と、天満に恋する播磨拳児を中心に恋愛模様が交錯する群像劇。『ネギま』は2003年から2012年まで連載、『スクラン』本編は2002年から2008年まで連載された作品で、どちらも『マガジン』を代表する学園ラブコメだ。

 同時期に『マガジン』で連載され人気を集めた作品のため「また懐かしいタイトルがw 今って2000年代だっけ?」「この2つが連載されてた頃のマガジンは正に青春だった…」と昔を懐かしむ声が後を絶たない。さらに2作は袋とじ漫画「トジマガ」として掲載されるとあって「いつも電子書籍だったけど今回ばかりは袋とじのドキドキを味わいたい」と本誌の購入を決意する人も。

 『ネギま』作者の赤松健は現在『別冊少年マガジン』にて『UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま! 2~』を連載中。この作品はサブタイトルの通り『ネギま』の続編で、未来の世界が舞台となっている。アニメ化も発表され注目を集めていたところに今回の読切掲載のニュースで、「続編も面白いけどやっぱりネギまが復活ってなると嬉しいな!」とファンは大喜びのようだ。

 『スクラン』も本編終了後に番外編の『School Rumble Z』が『マガジンSPECIAL』で連載され、その後もたびたび復活を遂げている。いまだに人気が衰えない2作の袋とじがどのような内容となっているのかは、買ってその目で確かめるしかないだろう。