色っぽ可愛いボディをつくるには“曲線”を意識するべし! 注目の「ねこYOGA」って?

健康・美容

2017/3/19

    img01
    『色っぽ可愛いBODYをつくる ねこYOGAのススメ』(中野憲太/創藝社)

 アメリカ発の最新ヨガ“シュリダイヴァ・ヨガ”で愛されボディーになれる『色っぽ可愛いBODYをつくる ねこYOGAのススメ』が、2017年3月14日(火)に刊行された。

 同書で紹介されるのは、シュリダイヴァ・ヨガを現代女性の美と健康のためにアレンジした新しいヨガ。「しなる猫」の曲線を意識して行えば、眠れるフェロモンを呼び覚まし、心と身体をオンナらしく変化させられる。

 そもそもシュリダイヴァ・ヨガとは何だろうか? 著者が2016年に刊行した著書『1日1分14日間で“やせる”シュリダイヴァ・ヨガ』によると、これはアメリカ人ヨガ講師であるデジー・スプリンガーによって発案されたヨガで、アメリカを中心に海外各国で急激に広まりつつあるという。

 『色っぽ可愛いBODYをつくる ねこYOGAのススメ』にはヨガのポーズだけでなく、猫のように可愛く生きるオンナの哲学も満載。毎日忙しく頑張る女性はこの本を読んで、理想の心と身体を作ってみてはいかが?

中野憲太
1962年新潟県生まれ。株式会社リブウェル新潟松崎代表取締役社長。慶應義塾大学卒業、電通で広告マンとして活動後渡米。アメリカでレストラン事業を手掛ける。帰国後ヨガを極め、ホットヨガスタジオ「HOT40YOGA」を全国で展開。全米ヨガアライアンスERYT200認定ヨガ講師として、日本全国でシュリダイヴァ・ヨガの普及活動を行い、2016年9月シュリダヴァ・ヨガ専門のスタジオ「Studio BOWSPRING」を東京都中央区にオープンさせた。

※掲載内容は変更になる場合があります。