ライフスタイル

「だれか、ぼくを助けて」のら猫の命をつなぐ物語

    img01

    『のら猫の命をつなぐ物語 家族になる日』
    (春日走太/学研プラス)

 「こののら猫と出会えたのは、きっと運命」―猫と人が織りなす感動の物語がここに。のら猫と人の共生を描いた児童向けノンフィクション『のら猫の命をつなぐ物語 家族になる日』が2017年3月16日(木)に発売された。

 東京のとある場所にある、心あたたまる猫の保護施設。そこには障がいや病気など、さまざまな事情を持つのら猫たちと、そののら猫たちを見守るスタッフやボランティアが集まってくる。そんな場所で新しい家族にめぐり合えて、“のら”ではなくなる猫たちと、そこにかかわる人々の姿を描いた感動の物語。

 緻密な取材に基づく文章が、猫たちの可愛さや優しさあふれる写真とともに展開していく。カラー、モノクロ他、のら猫たちのさまざまな姿を映す写真も満載。街中にいるのら猫の写真から、保護され、やがて人間と暮らすようになる猫たちの変化に富んだ姿を写真を通して伝えてくれる。

    img02

 同書では取材をもとにまとめた、猫と人との悲喜こもごもの物語を紹介。3回巣立っていったおくびょう猫・ロビン。奇跡を起こして家族になった顎のない猫・ラク。原発事故の被災地からやってきた猫・かりね。虹の橋を渡って天国に旅立った猫・フラン…。のら猫たちそれぞれの、笑顔や涙にあふれるエピソードを、そこに関わる人間たちの姿や思いとともに見つめていく。

    img03

 空前のペットブームの裏側で、様々な理由から「飼えなくなった」とペットを捨てる飼い主が多いことも深刻な問題となっている。そんな時代だからこそ、同書が改めて動物たちとの関係を見つめ直すきっかけになれば、人とペットがこれからも一緒に幸せに暮らしていけるはずだ。

※掲載内容は変更になる場合があります。



この記事の画像

  • nekowomitukete (3)
  • nekowomitukete (2)

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ