アニメ・マンガ

いまだ癒えぬ「地下鉄サリン事件」の傷あと――フランス人作家が『MATSUMOTO』で描いた宗教とテロリズムとは

いまだ癒えぬ「地下鉄サリン事件」の傷あと――フランス人作家が『MATSUMOTO』で描いた宗教とテロリズムとは

『MATSUMOTO』(LF・ボレ:著、原正人:訳、フィリップ・ニクルー:画 /誠文堂新光社)   1995年3月20日、この日付から世界初の化学兵器によるテロ事件「地下鉄サリン事件」を想起した人もいるだろう。逃げ場のない通勤ラッシュの地下鉄の車両内に猛毒のサリンガスが撒かれ、多くの死傷者を出した凶悪...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ