向井理×斎藤工のW主演に女子大興奮! 池井戸潤最新作『アキラとあきら』実写ドラマ化

エンタメ

2017/4/2

    img01.jpg

 『下町ロケット』『半沢直樹』シリーズなどで知られる池井戸潤の最新作『アキラとあきら』が、向井理斎藤工のW主演で実写ドラマ化される。この知らせに女子は「池井戸さん原作でしかもこの2人… 最高の組み合わせ!」「これはWOWOW入るしかないじゃないですか!!」と大興奮のようだ。

 原作となる『アキラとあきら』は、徳間書店発行の月刊小説誌『問題小説』にて2006年から2009年にかけて連載された作品。2017年5月31日(水)にオリジナル文庫として刊行されるのに合わせて、2017年7月よりWOWOWにて全9話でドラマ化される。

 物語は、自らの意志で人生を選んできたエリートと、自らの能力で人生を切り開いてきた天才、2人の男の“宿命”を描いたヒューマンドラマ。大企業の御曹司として生まれ、次期社長という宿命にあらがう階堂彬(向井理)と、父の会社の倒産、夜逃げと過酷な運命に翻弄されながらも理想を育んできた山崎瑛(斎藤工)。幼少期から青年期にかけて、誰もが経験する様々な人生の選択を盛り込みながら、バブル経済とその崩壊、激動の時代を背景に何かに導かれるように交差する2人の男の姿が描かれる。

 池井戸の特徴でもある骨太で濃厚な物語を、幅広いジャンルで活躍する向井、斎藤の両名が実写化する同作。4作目の共演となり、さらに同い年でプライベートでも親交のある2人の共演には「同い年のいい男2人が友人、ライバルとして苦難を乗り越えていく…。最高に萌えるわ」「フェロモンがヤバいぞ…」「エリート坊ちゃんと不遇の天才の物語とか何それ涎出ちゃう」とファンからは嬉しい悲鳴が続出中だ。

 向井は今回共演する斎藤に対して「初めての時は変な人だなって思って見てました(笑)。しっかりと対峙して2人芝居に挑戦するのは本作が初めてで不思議な感じですが、楽しんでやれればと思います」とコメント。斎藤も向井に対して「彼自身がどういう道を歩んできて、そしてどこにいくのか興味があります」と語る同作で、2人がどのような姿を見せてくれるのか。今からドキドキが止まらない。

■ドラマ「アキラとあきら」
原作:池井戸潤
脚本:前川洋一
監督:水谷俊之、鈴木浩介
音楽:羽岡佳
出演:向井理斎藤工ほか
公式サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/akira/