キンコン西野「えんとつ町のプペル 光る絵本展」開催中!「行かなかったら後悔するレベル」と絶賛の声続出

エンタメ

2017/4/8

    img01

 キングコング西野亮廣の絵本『えんとつ町のプペル』の個展「えんとつ町のプペル 光る絵本展」がイオンモール幕張新都心で開催されている。個展を訪れた人からは「光る絵本展、控えめに言って最高」「想像の8億倍素敵だった」と絶賛の声が後を絶たない。

    img02
    img03

 『えんとつ町のプペル』は、西野が4年半の月日をかけて完成させた絵本。総勢35名ものクリエイターが参加し分業制で製作されたということも話題となり、発売後わずか半年でAmazon書籍総合ランキング1位、発行部数合計28万部を達成するほどの人気となった。

 個展開催にあたって西野が「光る絵本展ですから、絵に光をあてているわけではなくて絵自体が光っているという、そういう個展でございます。まぁキラキラして楽しいんじゃないかなとおもっております」とコメントしているように、今回の展示では絵本に使用した全41点の絵が、すべてLEDで光る形で展示される。

 前代未聞の光る作品展は訪れた人の心を掴み、「写真でも言葉でも伝わらないから見てほしい」「これ芸人さんの域超えて巨匠レベルでしょ、行かなかったら後悔するレベル!」といった声が数多く上がっている。

 会場内は撮影OKということで、既に多数の写真がSNSにアップされており「すごすぎる、なにも加工してないのにこの美しさ」「撮った写真見返すだけで感動がよみがえる…」と写真を通して改めて美しさを実感する人も。会場では絵本のイラストを使用した缶バッチやクリアファイル、ステッカーなどのオリジナルグッズが販売され、展示の最終日でもある4月16日(日)には西野本人が訪れる予定だ。

 個展は今後全国のイオンモールで開催される予定で、「地元にも早く来て欲しいな」「やっと間近でプペル展が見られる!!」とファンは大喜び。光輝くえんとつ町が近くに現れたら、是非足を踏み入れてみては?